携帯のカメラやコンパクトカメラでワンランク上の食べ物の写真を撮る

コンデジや携帯電話で、食べ物の写真をきれいに撮る

ソザイングフォトコンテストに応募したいけど、コンパクトデジタルカメラ(コンデジ)や携帯のカメラしかないから応募できないとあきらめているそこのあなた。あきらめるのはまだ早いですよ!

最近の携帯のカメラやコンデジはかなり写りがいいので、ちょっとした工夫をするだけで携帯やコンデジで撮ったとは思えないようなハイレベルな写真が撮れます。

もちろん一眼レフカメラやハイエンドコンデジなど性能がいいカメラで撮るに越した事は無いのですが、今回はコンテストの写真テーマでもある「食」の中でも食べ物の写真を携帯電話についているカメラや一般的なコンパクトカメラでも今までよりも美味しそうに見える、ワンランク上の写真を撮る方法をご説明したいと思います。

携帯とコンデジ

ワンランク上の料理写真のキーワード “シズル感”
料理の色艶がきれいに写り、温かい食べ物は温かそうに写したり、新鮮な魚介類はフレッシュさが伝わるように写された、いい感じに光沢のある写真を”シズル感”のある写真といいます。
この“シズル感”をうまく表現できるかどうかが料理写真の出来栄えを大きく左右します。

ポイント1 カメラと料理と光の位置関係

シズル感を出すために重要なのは料理にどのように光を当てるかという事が重要になります。

カメラに内蔵されているストロボを使ってのライティングだと、色味が変だったり、光が反射してテカテカになったりして美味しそうには見えません。(右の写真参照)

逆光気味に料理の斜め後ろから光を当てるのが最もオーソドックスな”シズル感”を出すためのライティングです。
ストロボや撮影用のライトを持っていれば自分の思い通りに撮影したい料理に光をあてることができますが、普段それらを持ち歩くのも邪魔ですし、お店の中であんまりパシャパシャストロボを焚くのも周りのお客さんやお店の人に迷惑がかかってしまいます。
それでは、お店の中でワンランク上の料理写真を撮りたい場合に何がポイントになるかというと座席です。
可能であれば外から光が入ってきている窓際かなるべく明るいライトが近くにある席をチョイスしてください。
いい席が取れたら右の図のように料理の斜め後ろから光が当たるようにカメラの位置取りをして撮影します。

カメラと撮影対象と光の位置関係

ポイント2 カメラのセッティング

ストロボ
先でも説明している通りカメラ内蔵のストロボは使用しませんので、発光させないようにしてください。
WB(ホワイトバランス)
WBの調整が出来るカメラの場合、「太陽光」にしておくのがおすすめです。室内撮影の場合、「蛍光灯」や「電球」などのモードが適しているように見えますが、これらのWBで撮影した写真は青白く写ってしまうので、食べ物の写真には適していません。
撮影モード
撮影モードにマクロ撮影のモードがある場合はマクロ撮影モードがおすすめです。
マクロ撮影は被写体に近づいて大きく撮ることが出来るので、料理の詳細なイメージを描画する事出来ます。
また、ピントが合っている範囲が狭くなるので、ピントを合わせている部分以外がぼけるのもワンランク上の写真に見せるポイントです。(機種によっては料理撮影モード的なのがあるみたいなので、お持ちのカメラにその機能が付いている場合は、そちらのモードを使うほうがいいかもしれません。)

食べ物の写真を撮影する際のオーソドックスな構図は

  • 斜め上から撮る。
  • かなり寄って画面からはみ出すくらいに撮る。
  • 真ん中に被写体を置かない。

こんなにほんの少しの事を守るだけで今までより一味違った写真が撮れるはずです。 是非チャレンジしてみてください。

撮影サンプル

  • 冬の素材特集
  • 料理の写真をワンランク上に撮る方法
  • Eye-Fiで写真をfacebookに簡単アップロード
  • カンタン!photoshopでTimelapseムービーを作ろう!